闇営業 宮迫博之、田村亮 謹慎処分

カラテカ入江慎也が仲介した、闇営業の件ですが、新たな展開になりましたね。

2014年12月に詐欺グループの忘年会に参加した宮迫博之、田村亮、レーザーラモンHG、ガリットチュウ福島善成と
詐欺グループのべつの誕生会に参加した、くまだまさし、天津・木村卓寛、ムーディ勝山ら11人を謹慎処分にしたそうです。


当初は詐欺グループとは知らなかったとか、ギャラも受け取ってなかった。と言ってましたが、
吉本興業での複数回のヒアリングで、金銭の授受が発覚したそうです。


それのにしても、吉本興業の対応のまずさが出てますね。闇営業自体吉本興業としては良くないことだったのでしょうが、
その相手が、詐欺グループ=反社会的勢力であることが、とても問題だったのです。


吉本興業がその重大さ加減がわからず、アメトークで、大手のスポンサーが手を引いて、
ACジャパンのCM変ってから、事態の深刻さに気付き、あわててヒヤリングをしているようではいけませんね。








この記事へのコメント