バイク ジャケット

バイクに乗るときには、バイク用の「ライディングジャケット」を着ていたほうが良いらしい。

革ジャンのことかな?っていうイメージがあるのだけど。

夏も着るの?

バイクジャケットの目的は、必要性は、
1.事故を起こしたときのダメージを軽減するため。
2.ドライビング時快適に過ごせる。

ということらしい。

バイクのジャケットには、プロテクターが入っているのです。
胸、背中、肩、肘に、樹脂など、が入っているそうです。

夏でも、長袖のジャケットを着ることで、転倒したときなどの擦り傷も最小限に
してくれます。

初心者には特に必要ですね。


どんなバイクジャケットを選べば良いかというと、
まずは、3シーズン用かな。

私の住んでいるところは、冬、雪が降るし、道も凍る。
だから、冬の間は、郵便配達の人以外、バイクに乗っている人を見ない。

だから、春、夏、秋用のものを買えば良いのかも。

3シーズン用は、気温の変化に応じて、インナーを入れたり出したり調整できるそうです。
これだと、朝晩が寒くて、昼暑いと言うのにも対応できるね。

ただ、最近は夏が以上に熱いから、もしかすると夏用も必要になるかも。

夏用はメッシュ素材で、とても風通しがいいらしい。走行中は、かなり涼しいみたいですね。

あと必要なのは、レインコート。

ジャケットの上から着るので、ちょっと大きめにしないといけないね。
でも大きすぎると、バタつくので、ちゃんとサイズを合わせないといけないね。

春夏用のお勧めは、シンプソン(SIMPSON) バイク用ジャケットが良いそうです。














この記事へのコメント