ソラリス マニフィカ 2012

安倍首相夫妻が来日中のマクロン仏大統領夫妻をもてなした夕食会で、

マンズワイン小諸ワイナリー「ソラリス マニフィカ 2012」が使われたそうです。


2本のワインが使われ、1本は、マンズワイン小諸ワイナリー「ソラリス マニフィカ 2012」で
もう1本が南仏ブレガンソンで作られた「シャトー・ド・ブレガンソン」だそうです。

マクロン仏大統領は、「ソラリス マニフィカ 2012」を気に入っておかわりしたそうです。

マンズワインを気に入ったと言うのは、ちょっと嬉しいですね。

日本のワインもなかなかということでしょうか?





奨学金

今大学生の4割が貸与型奨学金を利用しているそうです。

そして人によっては400万円以上の奨学金を借りることが有り、
卒業後就職して、400万円の借金返済が始まります。

まともな企業に就職できれば良いのですが,ブラック企業や、非正規の社員になってしまうと、
なかなか借金を返済できない状態になったりします。

どうしてでしょうか?

私が学生の頃は、国公立大学の授業料は、私立大学に比べて圧倒的に安く、
高校の授業料とさほど変らないくらいでした。

それが、どんどん授業料も上がり、私立大学の授業料にかなり近づいてきています。

国公立大学は、もっと授業料を安くすべきだと思いますし、それにより奨学金の額も減らせます。


また、公金支出をして、奨学金の返済額を減らすようにしていかないとまずいのではないでしょうか?


ただでさえ子供の数が減っているのに、そんな子供たちにこんな負担をさせているのは信じられません。



子供が減っているのだから、優秀な人材を増やすため、将来の日本のため、
奨学金をもうちょっと考え直して欲しいですね。


知り合いから聞いた話ですが、息子が大学を出て、結婚したそうです。相手は同じ大学出の同級生。
二人とも、大学院まで行き、奨学金も貰っていたそうです。

そして、結婚したと同時に、二人には、双方の奨学金の返済額をあわせて、1000万円になったそうです。
これから共稼ぎで、1000万円の借金を返済していくそうです。


厳しすぎますよね。これじゃ子供もつくれませんよね。

もう少し何とかして欲しいいですね。








パナソニック ボディトリマー ER-GK80

ムダ毛が気になる季節ですね。

半そでを着て、そのうちハーフパンツをはいてとなると、スネ毛、腕毛が気になっています。

別に脱毛をしたいとかじゃなく、これらの毛を若干短くして、あまり目立たなくしたい。

それが本音です。

ムダ毛を短くするトリマーを見つけました。



これ。

毛の長さを3mm~12mmの間で、1mm刻みで、調整できます。

だから、腕毛は3mmにしておこうか。スネ毛は5mmくらいで良いかな。
足毛は3mm、指毛も3mmにしようかな。

なんてちょうど良い長さに出来る。

充電式だから、あらかじめ充電しないといけないけど、フル充電で、50分使用できる。

海外でも使える。

お風呂場でも使えるってすごいね。





日本-エクアドル 引き分け

コパアメリカの日本ーエクアドル戦ですが、1対1の引き分けに終わり、
決勝トーナメントに出場できませんでした。

勝てそうな気がしたんだけどな。

あと1点が取れない。

後半も結構チャンスが多かったのに、肝心なシュートが入らない。

だめだ。このパターンはいつもの日本じゃないか。

何とか打開できないのか。


無駄にチャンスを失っていれば、やっぱり勝てないんだね。


それにしても、中島と久保は何かやってくれそうな気がする。

今後に期待できそうですね。


川島は、やっぱり致命的なミスをするのは、いつもの通りでしたね。